がん保険と医療保険を比べてみる

病気になったときの保険は様々なものがあり、がんを対象にしている保険も何種類もあります。
がん保険は医療保険と異なる部分がたくさんあります。それぞれの保険がどこまで保障してくれるかを理解しながら比較をしてみましょう。

医療保険に加入しているからがん保険に加入していないというのはとても危険なことです。
医療保険でもがん保障がされることもありますが、がんの治療は多岐に渡り治療費も高額なので、医療保険だけがんの治療を保障することは難しくなってきています。

医療保険に加入しているから安心だと思わないで、今後のことも考えてがん保険を検討することをおすすめします。

がん保険は支払い対象ががんだけですが、入院、手術以外にも通院も保障してくれるのが一般的です。
また保障内容も幅広く、先進医療や抗がん剤治療、放射線治療をした場合でも保障をしてくれます。

医療保険だと入院費用と手術費用しかカバーできないので、あとは健康保険の負担と自己負担になります。
特に自己負担になってしまうとがん治療は治療費が高額なのでとても大変です。

医療保険だけでは賄うことが難しいですが、がん保険に加入していればあらゆる治療費を保障してくれる特徴があります。愛媛県行ってみない?